若年性関節リウマチ症状

若年性関節リウマチ症状〜関連記事

若年性関節のリウマチ症状に関係している記事を集めています。
判断基準・完治など。

若年性関節リウマチ症状・判断基準・完治について記事一覧

若年性関節リウマチ症状とは?

若年性関節リウマチ症状は、その発症型によって違います。若年性関節リウマチを大きく分けると、全身型関節炎、多関節炎、小関節炎の3種類があります。全身型関節炎の場合、関節症状はあまり目立ちませんが、その代わりに全身に病状が強く出現します。また、リンパ節腫脹肝臓や脾臓の腫れ胸膜炎咽頭痛などの症状がみられる...

≫続きを読む

若年性関節リウマチ判断基準とは?

若年性関節リウマチというのは、子供の頃に発症する関節リウマチで、16歳以下の小児期に発症する原因不明の慢性関節炎のことです。全身型関節炎多関節炎小関節炎の3種類があります。若年性関節リウマチの頻度は、日本では小児人口 10万人に対して 10〜15人で、欧米の発症頻度と変わりありません。しかし、病型ご...

≫続きを読む

若年性関節リウマチ完治に関して

若年性関節リウマチは子供の難病に指定されています。難病といっても、成人のリウマチと違って完治する可能性は高いといわれています。成人のリウマチは、発症すると治癒は難しく、ほぼ、一生付き合っていくことになりますが、若年性関節リウマチは、罹患した型によって違いはありますが、完治する可能性は十分にあるという...

≫続きを読む