リウマチ初期症状「指」

リウマチ初期症状 指について

リウマチ初期症状では、関節の痛みやこわばり感があります。

 

指や手首がむくむような違和感とこわばり感が起床直後にあります。

 

 

しかし、時間とともにそのこわばり感は、徐々に緩和されてきます。

 

症状が進むと、関節に痛みが伴うようになり、
指の関節が変形し、物を掴んだり、握ったりできなくなってきます。

 

 

関節を伸ばそうとすると激痛が走ることもしばしばです。
初期症状の頃によく間違うのは、「バネ指」といわれる指の腱鞘炎です。

 

バネ指も関節を動かすたびに痛みがありますので、
いずれにしても一度、整形外科で診察してもらった方がいいでしょう。

 

 

他にも初期症状として挙げられるのは、
疲労感、食欲減退、微熱などの全身症状があります。

 

この全身症状も、風邪の症状に似ていており、
また、風邪の時の関節痛等と勘違いする事もあります。

 

 

 

しかし、上記の症状に加えリウマチでは、
起床直後の関節のこわばり感が一般的な風邪とは違う症状といえます。

 

この病気の初期症状では、
関節を指で押さえた時に痛みを感じる現象や関節の腫れが2箇所以上の
関節に現れていることで診断されますが、正確な診断は血液検査に寄ります。

 

 

もしも思い当たる症状がある時には、
リウマチ・膠原病一般を標榜している専門病院を受診されることをおすすめします。

 

リウマチ性の疾患には、
実は、多くの疾患が含まれており、膠原病もそのひとつです。

 

だからといって、全て膠原病であるわけではありませんが
この疾患は膠原病の特徴を多く含んでいることから、判別のための精密検査が必要になります。

 

スポンサード リンク