リウマチ貧血原因

リウマチ貧血原因とは?

若い世代とリウマチは結びつかないと考えている方は、結構多いかもしれません。

 

しかし、発症年齢で多いのは20代から30代、
しかも、女性は男性の3〜4倍も発症率が高いと言われています。

 

 

また、この疾病と貧血の関連は極めて高く、
疾患を持っている人の半数以上に貧血の症状が現れて
います。

 

しかし、なぜ貧血が起こるのかということの原因は、まだ明確に説明されていません。
つまり、原因はわからないというのが現状のようです。

 

 

リウマチが原因だと思われる患者さんに、
鉄剤を補給しても赤血球が増えることがなく改善されないことが多いと言われています。

 

 

 

厚生科学審議会疾病対策部会の中に、リウマチ・アレルギー対策委員会というのがあり、
平成23年度の報告では、患者数は70〜80万人といわれているけれども、
リウマチの年間発症数や罹患している患者数等に関する情報は、
十分には把握されていないむねの報告があります。

 

 

さらに、聞き慣れた病名ではあるけれども、その原因や病態については未だ十分に解明されたとは
いえず、効果的な対症療法は行われるようになりましたが、根治的な治療法が確立されていないと
いう現状であることも報告されています。

 

 

しかしながら、近年においては、当該疾病の早期診断、早期治療が可能になり、
治療薬も効果的な薬剤が開発されていることで、治療に関しては飛躍的な進歩を遂げています。

 

 

どの病気に関しても同じことがいえますが、早期から積極的な治療を行うことで、
リウマチによる関節破壊を完全に阻止する治療法が確立されつつあるようです。

 

スポンサード リンク